注目の画像 市場とイーサリアム 840x480 - 市場とイーサリアム

市場とイーサリアム

ビットコインの誕生以後多くの仮想通貨が生み出され、そしてそれらが取り扱われる仮想通貨市場は、2021年現在、その市場規模がなんと200兆円に達したといわれています。これは世界最大の上場企業である米国のアップル社の時価総額に匹敵する数字で、もっといえば日本の一般会計における国家予算の2倍の額に匹敵します。どれほど仮想通貨市場が大きくなっているのかが、これでご理解いただけたと思います。

投稿画像 市場とイーサリアム 市場におけるイーサリアムの存在感 - 市場とイーサリアム市場におけるイーサリアムの存在感

そんな成長を続ける仮想通貨市場で、イーサリアムはその存在感を増しつつあります。もちろんビットコインが仮想通貨市場でもっとも重要な通貨であり、そして断トツの時価総額を誇る通貨であることには変わりありませんが、イーサリアムはそのビットコインに続く2位の時価総額を誇り、リップルと共に将来的にビットコインを凌駕することが期待されているのです。それは後発であるイーサリアム、リップルといった通貨の方が、より技術的に高度で、更に高い安全性を担保してくれるといわれているからです。通貨にとって安全性というファクターは、非常に重要なものなのですから、それも当然ですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *