仮想通貨を始めるために知っておきたいいくつかのこと

仮想通貨を始めるために知っておきたいいくつかのこと

 

仮想通貨を始めたいけど…どうやってやったらいいのかよく分からない….。この記事では、何から始めたらいいのか分からない…そんな初心者さんにもわかるように、仮想通貨取引の始め方や実際に取引を始める際に必要な事を詳しく紹介していきましょう。

 

まずは仮想通貨ってそもそも何?

「仮想通貨(暗号資産ともいう)」とは、インターネット上でやりとりできる財産的価値であり、「資金決済に関する法律」において、次の性質をもつものと定義されています。

(1)不特定の者に対して、代金の支払い等に使用でき、かつ、法定通貨(日本円や米国ドル等)と相互に交換できる

(2)電子的に記録され、移転できる

(3)法定通貨または法定通貨建ての資産(プリペイドカード等)ではない

 

代表的な暗号資産には、ビットコインやイーサリアムなどがあります。

仮想通貨は国のように特定の誰かが発行しているわけではなく、参加している人たちの間で管理されているのが特徴です。ちなみに私たちが通常使用しているお金は「法定通貨」と区別されています。仮想通貨の特徴として以下の点が挙げられます。

  • 例外はありますが、基本的に国家や銀行など通貨の発行母体を持たない。
  • 通貨の価格が大きく変動する
  • プラットフォーム上で使用されることを目的とした通貨が多い

 

取引を始めるには

仮想通貨がどんなものか分かったら続いては取引のはじめ方です。

仮想通貨への投資は、4つのステップからはじめることができます。

 

仮想通貨取引所を選ぶ

日本国内で大手の取引所は

  • Coincheck
  • DMM Bitcoin
  • GMOコイン
  • bitFlyer

などが挙げられます。

まずは取引所を選びましょう。ただし、取引所によって取り扱っている仮想通貨の種類や取引手数料、最低購入額やレバレッジ取引の可否などが違うので自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

口座を開設する。

取引所によって、若干の違いはありますが、基本的な流れだと

  • アカウント登録
  • SMS認証
  • 本人確認
  • 二段階認証の設定

といった形で進みます。

本人確認の書類は免許証や顔写真がついた証明書や顔を直接撮影する方法などがあり、住所確認のハガキを受け取った後口座開設完了の流れとなります。取引所にもよりますが、(記入漏れなどが一切ない状態で)最短で1週間以内で取引出来る所もあります。

 

口座に日本円を入金する。

入金方法は、いくつかありますが、入金する方法によっても手数料は変わってきますし、また、取引所によっても変わってくる場合があります。例えば、取引所の指定のネットバンクに口座があれば手数料は無料になるなど、こういう細かい部分も安く抑えられるように、注意して選んでいきましょう。

入金方法

  • 銀行振込:自身の金融機関の口座から振り込みをすることで入金できます。
  • クイック入金:取引所が提携している金融機関であれば、スマホやパソコンから入金できます。
  • コンビニ振込:コンビニで支払いをすることで入金ができます。

さてここまで進んできたら、最後のステップです。

 

仮想通貨を購入する。

仮想通貨は取引所(現物取引)で購入する方法と販売所で購入する方法があります。

〇取引所:ユーザー間で希望する金額で売買を行う形式です。取引所を仲介して、売り手から仮想通貨を購入するため、売買が成立しないケースもあります。

〇販売所:運営する会社と直接売買する場所です。必ず売買できるというメリットがある一方、その時点で取引されている価格より手数料の分だけ割高になります。

どちらで仮想通貨を購入するかは自由ですが、基本的には取引所での購入がおすすめです。販売所では実質的な手数料であるスプレッドが存在し、取引所形式よりも割高になるケースが多いからです。

利益が出たら仮想通貨を売って、日本円を出金する。

仮想通貨で利益が出たら仮想通貨を売って、日本円を出金するのが最後のステップです。ただし、日本円を出金する際には、仮想通貨取引所により手数料がかかります。また、気をつけておきたいのが、本人確認が完了していないと出金ができない場合があります。スムーズな取引を行うためにも、必ず本人確認は完了させましょう。それから、給与所得以外で年間20万円を超える利益が出た場合は確定申告しなければいけないので、仮想通貨の利益が20万円以上出た場合は【雑所得】として、金額に応じて税金がかかる事を覚えておきましょう。

 

仮想通貨おすすめ銘柄と仮想通貨の今後

取引所によって扱っている種類に違いがありまが、人気のある投資通貨は、ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)やイーサリアム(ETH)でしょう。ビットコインの価格は他のアルトコインの価格にも影響を与えることやビットコインは他の仮想通貨を取引するときの基軸通貨となることからも人気となっているようです。あなたが、大きく値上がりしなくとも、暗号資産として貯蓄していけたらとお考えなら、人気銘柄がおすすめです。しかし、多くの人から知られており人気の高いものでもありますが、『今後爆発的な成長が見込める』というような将来性があるかというと、あまり期待はできません。もしあなたが、何年か後に大きな利益を得たいと思っているのなら、現時点でそれほど認知度が高くない仮想通貨に今から目をつけて投資しておく必要があります。そこで注目したいのが、草コインと呼ばれている仮想通貨です。

現在価格上昇が期待できる草コインとしては、

 

ドージコインとストラクスがあげられます。

ドージコイン(DOGE):2013年に「ジョーク通貨」として作られた草コインの1つです。しかしアメリカでは専用コミュニティなどが存在するほどカルト的に人気があることでも知られています。そんなドージコイン、一部では「世界一の資産家」といわれているイーロン・マスク氏がSNS上で言及したことから、大きな注目を浴びました。イーロン・マスク氏は、暗号資産に対する将来的な期待をSNS上で語った後に、ドージコインのシンボルマークの犬の写真をアップしました。これによってドージコインは一気に価格が上昇したのです。実際にドージコインの価格は5セントから44セントと、約9倍近くも値上がりを遂げました。

こは、電子決済への利用に特化して作られた草コインです。数年前まではあまり馴染みのなかった電子決済ですが、日本でも今では当たり前のように使われています。

 

ストラクスはそんな電子決済、特にインターネットでの取引をより簡便にすることを目的として作られたものです。実用化されれば、一気に暗号資産(仮想通貨)として価値を上げていく可能性があります。

 

 

 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *